マウスピース矯正 インビザライン/相模大野マウスピース矯正センター/そのこ矯正歯科 相模原・町田 | マウスピース補助装置

そのこ矯正歯科 小田急線相模大野駅 北口正面徒歩1分
ホーム
マウスピース矯正とは
お子様のマウスピース矯正
マウスピース矯正の流れ
マウスピース補助装置
費用とお支払方法
院内案内
そのこ矯正歯科院長とは
アクセス・地図
ホテル宿泊プラン
リンク集
お問い合わせ
042-740-8817
(歯はいいな)
 
 
マウスピース補助装置
アタッチメント&顎間エラスティック(ゴム)
マウスピース補助装置 アタッチメント(ボッチのようなもの)は歯のローテーションを改善したり、歯を引っ張り上げたり、または、アライナーまたは歯にゴムをひっかけるためにつけます。エラティックは、上下の歯の咬み合わせの改善やあごの位置の改善のために使用します。ゴムは口腔内の側方につけるためあまり目立ちません。
マウスピース補助装置 マウスピース補助装置
そのこ矯正歯科 アンカーインプラントの種類
遠心移動や、拡大後の固定源(アンカー)として使用します。
1.スクリュータイプ(Anchor Screw)
アンカーインプラントのスクリュー          </TD>
           <TD>直径1.5mmの純チタンのネジ少量の麻酔で、埋入の時間も短時間でおわります。腫れもほとんどありません。欠点としては、プレートに対してスクリュータイプはやや取れやすい傾向があります。(約5%〜10%程度)逆にその特性を利用してスクリュータイプはほとんど問題なく埋入できますので、何回か必要に応じて打ち直したり、同時に何個も植立します。手術の時間は4本で、麻酔を含めて30分程度です。
           </TD>
          </TR>
          <TR>
           <TD colspan=
2.プレートタイプ (Anchor Plate)
プレートタイプの画像 プレートタイプはスクリュー2〜4個で止まっていますので、取れることはほとんどありませんし、大きいためいっぺんに多くの歯の移動が可能です。欠点としてはプレートを、歯肉の中に埋めこむため、手術の侵襲が大きいのと、埋入後の腫れが起こりやすいことです。手術の時間もスクリュータイプの2倍以上かかります。
3.口蓋組織外プレート(anchr lock system)
口蓋組織外プレートの画像 アンカーロックシステムは、スクリュータイプとプレートタイプの両者の長所をもちあわせている新しいタイプの矯正システムです。スクリューのみを組織内に埋入し、プレートは口蓋粘膜(歯肉)の上に出ているため、手術による侵襲がすくなく、腫れもほとんどありません。またプレートを2本から4本のスクリューで植立するため、とれることもほとんどありません。かなざわ矯正歯科クリニックの不島健持先生、神奈川歯科大学顎顔面外科学講座小林優先生が考案し推奨しているシステムです。
そのこ矯正歯科では、ベテランの専門医(口腔外科医)に来てもらい、当院でインプラントの植立や手術、難抜歯をおこなっています。
表側・裏側ブラケット装置
ブラケット装置の画像 インビザライン開始前や後に、一定の期間ブラケットをつける場合があります。治療期間を大きく短縮できます。当院では歯の移動が速く、痛みも少ないデーモンブラケットや審美性の良いクリッピーCやクリアティーSLブラケットを使用しています。又ブラケットを裏側につけたり、部分的につけることもあります。
IPRについて 歯の幅の調整
歯の幅の調整の画像 IPRとは、スライシングやディスキングとも呼ばれ、歯の両脇の部分を削っって幅を小さくする事を言います。歯の形態修正や歯を並べる為のスペースを確保する為に行います。。一般的に、表面のエナメル質の3分の1程度は削っても、その後、むし歯や歯がしみるといった原因にはなりません。1本の歯の両脇の幅を合わせて0.5mmを、IPRを行う事があります。IPRをおこなうことにより、小臼歯の抜歯を避けられたり、歯が速く動きます。
Copyright (C) 2005-2012 Sonoko Dental Clinic. All rights reserved.